*All archives* |  *Admin*

≪05  2022/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
2022-06-22(Wed)

Followed after Levi's Lee、、、

こんにちは。

新旧問わず
デニムアイテムが
好評です。

アメリカ🇺🇸
3大デニムブランドと云うと
Levi's
Lee
Wrangler
と云う事になると思いますが
先日のLeeのdenim jacketに続いて
本日は先日新しく入荷した
Wrangler denim pantsを
紹介します。

Wranglerは
作業服メーカーだったBLUE BELL社が
1943年にWranglerの商標を持つ作業着会社
ケーシー・ジョーンズ・カンパニーを買収した所を
起源とした見方が妥当であると思います。

カウボーイのイメージが強く
Levi's、Leeに比べて
着用された事も無い方が
多いと思いますが
デニムの素材含めて
Levi's、Leeとは又違う世界観ある
ブランドです。

ハリウッド西部劇の衣装デザイナーであった
ロデオ・ベンを
デザイナーとして起用し
それまでの作業着としてのイメージを覆す
デザイン性の高いアイテムを
リリースしたという認識も高いブランドです。

因みに
Wranglerの1st editionと呼ばれる
denim jacketがこちら、
20220622185808a43.jpeg
2022062218582119d.jpeg
20220622185904d1f.jpeg
2022062218593540e.jpeg
の111MJです。

LEVI'Sを元ネタとした様な
フロントにプリーツの入った
デザインですが
20220622185838607.jpeg

プリーツが閂止めであったり
202206221858501e6.jpeg

バックのストラップに打たれたリベットが
馬の鞍を傷付けないよう
2022062218591700e.jpeg
丸くデザインされていたりと
デザイン、機能面で
LEVI'Sとはまた違った魅力のある
1着です。

ジョン・レノンが愛用していたことでも
有名なJACKETですね。
20220622192633037.jpeg
202206221926408fd.jpeg

当時
Levi's
Lee
Wranglerは
互いに意識しあっていたのか
LEVI'Sの2nd editionの
フロント2POCKETのデザインは
この後リリースされた事になります。

因みにGジャンと云うと
こちらのデザインを思い浮かべる方が
多いと思いますが
2022062219065529c.jpeg
20220622190722403.jpeg
20220622190714946.jpeg
202206221907314d2.jpeg

フロントの切替部の下に
フラップがつくデザインは
LEVI'Sの10年以上前に
Leeが開発していたデザインであるところも
20220622185950e2d.jpeg
20220622190007afd.jpeg
202206221900237f4.jpeg
興味深いポイントです。

余談ですが
私個人が3大ブランドの歴代のGジャンで
1番洗練されてデザインと感じるのは
こちらの11MJZ。
202206221900407b9.jpeg
20220622190121148.jpeg
20220622190052949.jpeg
20220622190107684.jpeg
20220622190136d06.jpeg
20220622190148815.jpeg

あくまで主観である為
詳細は割愛したいと思います。

さて。

前置きが長くなりましたが
入荷したpantの紹介に移ります。

Wrangler 13MWZ
20220621192138d08.jpeg
20220621192149f12.jpeg
202206211922017a5.jpeg
202206211922116a6.jpeg
20220621192422d19.jpeg
20220621192433010.jpeg
20220621192409ba1.jpeg
(¥7,480)

1964年に誕生したWranglerの
定番モデルです。

先日はLeeの左綾デニムについて
ご紹介していますがこちらの13MWZには
Wrangler特有の
ブロークンデニムが使用されています。
20220621192223097.jpeg


ブロークンデニムは
従来のデニムのよじれを解消する様
1964年ラングラーにより開発された
独特の織り目が見える形崩れしにくい
素材です。

主観ですが
Levi's 501に該当する
Wranglerの定番モデルはこちらの
13MWZであると考えています。

64年にブロークンデニムが
採用されるまでのモデルが
1948年から製造されていたこちらの11MWZ、
2022062219020289d.jpeg
20220622190215961.jpeg
20220622190231d6e.jpeg
20220622190407916.jpeg
2022062219042258a.jpeg
20220622190249c98.jpeg
20220622190303745.jpeg
20220622190353314.jpeg
20220622190320e68.jpeg
20220622190338b13.jpeg

左綾デニムが使用された1本です。

cowboy cut、
アメリカ🇺🇸で
cowboy cut、boot cutは
フレアのシルエットを
指すものでなく
bootをインして着用出来る
シルエットを意味するもので
こちらはストレートシルエットの
1本です。
20220621192232ae4.jpeg

着用イメージです。
20220621195306fed.jpeg
20220621195317e21.jpeg
20220621195327541.jpeg
2022062119533999b.jpeg


続いては
Wrangler 935の紹介です。
202206211923034f8.jpeg
20220621192241e01.jpeg
202206211922508f8.jpeg
202206211923129ef.jpeg
20220621192453c42.jpeg
2022062119250100a.jpeg
20220621192442e08.jpeg
(¥9,680)

こちらもブロークンデニムが
使用されています。
202206211923561d3.jpeg


935は裾にかけて
フレアがかったシルエットに
デザインされた1本です。
20220621192326495.jpeg

2022062119542747d.jpeg
2022062119544009c.jpeg

着用イメージです。
20220621195349cad.jpeg
2022062119535978b.jpeg
20220621195411de4.jpeg
20220621195418c2c.jpeg

洗濯後の伸縮についてですが
WAISTの縮みはなく
縦方向に1〜2cm縮みが生じる可能性がある為
裾上げを希望される場合
1度洗濯する事をお勧めします。

Levi's
Leeとは又違った
独特の世界観を持つ
Wrangler。

現在でもアメリカ各地に
COWBOYは存在し
13MWZを中心にCOWBOYの実用着として
Wranglerのpantsは愛用されています。

手に取っていただければそれが
ファッションと云う一過性の為に作られたものでなく
長年アメリカで文化と共に
愛されてきたアイテムである事を
認識していただけるのでないかと
思います。

興味ある方、
店頭にてお待ちしています。

本日は以上となります。

6月も終盤、
年末年始のオミクロン騒動も
遠い過去のように感じられる様に
なってきました。

渡米に関しても
PCR検査が要らなくなったりと
元の水準に戻ってきているので
次回買付けもしっかりスケジュールを立てて
平常通り臨みたいと思います。

皆様のご来店、
スタッフ一同
お待ちしています。




スポンサーサイト



2022-06-10(Fri)

simply、COOL LEE JACKETS are in!

こんにちは。

本日は
Lee denim jacketを
紹介します。
202206141006025c2.jpeg

この度
50s〜80sの
Lee 101-J、220が
8着新たに入荷しましたが
1度にまとめてご紹介できる機会は
なかなかないので
年代毎のディテールの違い等を
BLOGで紹介する事に
決めました。
20220610215047a0c.jpeg
202206112027563e1.jpeg
2022061021553505c.jpeg
20220610215754b06.jpeg
20220610220045a86.jpeg
202206102202395cb.jpeg
20220610220749d7c.jpeg
20220610220940bad.jpeg


ひと言で云えば
現在vintage denimは
ブームです。

Levi's主導型の様な流れをみると
berberjinさんの発行した
denim jacketの本が
ブームの火付け役かな?
と思われる節も多々ありますね。
2022061109443887e.jpeg

LEVISに比べ
知名度は低いですが
Leeの定番101-Jは
Ralph Lauren氏も好んで愛用したと言われる
名品です。
20220612200100872.jpeg
20220612200025029.jpeg
20220612200017dd4.jpeg
20220612200052ad3.jpeg
20220612200044fe9.jpeg

WESTERNの小物の使い方が
絶妙ですね。

このような小物も今後は
少しずつ扱ってみたいですね。

vintage LEVI'S と
vintage Leeの違いについてですが
デザイン、素材が違うのは
勿論なのですが
良く指摘される違いは
デニム地の織り方にあります。

LEVI'Sが右綾と云う
右上に向かって織柄が見えるのに対し
2022061312402126e.jpeg

Leeは左綾と云う
左上に向かって織柄が見えるデニム地
202206131240137b7.jpeg

が使用されています。

イメージ的に
赤味がかったLEVI'Sに対し
青味がかったLeeと云う印象です。

80年代からは
Leeにも右綾デニムが採用されますが
後半には右綾デニムが使用されたものも
紹介しますのでそちらを参照して下さい。



先ずはこちらの
1950s Lee 101-J
から紹介します。
20220610215018410.jpeg
20220610215033b73.jpeg
20220610215110ffe.jpeg
202206102151233d0.jpeg
(¥85,800)

乗馬シーンの多い
カウボーイ向けとしてデザインされていた為
馬の鞍を傷つけないようにと
バック下部のアジャスターボタンには
プラスチックの猫目ボタンが
使用されています。
202206140942112a8.jpeg

TAGはこちらの
所謂赤タグと呼ばれる
TAGが付きます。
20220610215047a0c.jpeg

こちらは赤タグ後期と呼ばれるものです。

前期のものは101-Jのロゴとサイズの刺繍の色が
赤色です。

胸のピスマークには
Leeの文字のみ入ります。
2022061021505836b.jpeg

左綾デニムが使用されています。
20220610215143100.jpeg

着用イメージです。
202206102151547c1.jpeg
20220610215209483.jpeg


LeeのGジャンは
着丈は短めなので
Swiss denimの様に
股上の深い太めのシルエットの
パンツとの相性は
良いですね。

本日ご紹介するジャケットは全て
着用イメージとともに
紹介しますが
年代によるシルエットの変化を
比較して頂く為に
同じアイテムを着用して
ご紹介します。

続いて
1960s Lee 101-J
の紹介です。
2022061021524633a.jpeg
202206102153042ef.jpeg
20220610215332b30.jpeg
20220610215401878.jpeg
202206140942250b4.jpeg
(¥47,300)

TAGは
三角タグの時期を経て
こちらの4角黒タグに
変わります。
202206112027563e1.jpeg

4角黒タグの中でも
Leeのロゴの横にM.Rのロゴの入らない
初期のものになります。

胸のピスマークに
Leeのロゴの他に®のマークが入ります。
20220610215319b86.jpeg

左綾デニムが使用された1着です。
20220610215414ba2.jpeg

着用イメージです。
20220610215431836.jpeg
20220610215450592.jpeg

続いても
1960s Lee 101-J
の紹介です。
202206102155068e7.jpeg
20220610215522ea2.jpeg
202206110942500ed.jpeg
20220610215601e11.jpeg
202206140942376e5.jpeg
(¥37,400)

TAGは
4角黒タグですが
2022061021553505c.jpeg
Leeのロゴの横にM.Rのロゴが入り
下部の表記が
MADE IN USAから
UNION MADE IN USAに
変化します。

こちらは希少な
LONG丈バージョンの1着です。

胸のピスマークは
Lee®のみの表記です。
20220610215546975.jpeg

こちらも
左綾デニムが使用された1着です。
20220610215615dbb.jpeg

着用イメージです。
20220610215639117.jpeg
20220610215654120.jpeg
LONG丈バージョンなので
ベルト帯1本分くらい
着丈が長めですね。

1970s Lee 101-J
20220610215707abc.jpeg
20220610215722fe3.jpeg
20220610215909195.jpeg
20220610215922bf5.jpeg
2022061409424909d.jpeg
(¥30,800)

TAGは
4角黒タグ、
先程の60sのものと同じく
Leeのロゴの横にM.Rのロゴが入り
下部の表記が
UNION MADE IN USAですが
20220610215754b06.jpeg

胸のピスマークの表記が
Lee®にM.Rが加わります。
202206102158384c1.jpeg

これが60sから70sへと移行する
ポイントです。

こちらも
左綾デニムが使用された1着です。
20220610215932a5f.jpeg

着用イメージです。
20220610215948a18.jpeg
202206102200073de.jpeg

続いて
1970s Lee 220
の紹介です。
20220610220018c18.jpeg
20220610220033628.jpeg
20220613124007596.jpeg
20220610220108384.jpeg
2022061409430104e.jpeg
(¥10,780)

101−Jの表記が無くなり
すっかりとしたデザインに変化、
220に移行した初期のタグのデザインです。
20220610220045a86.jpeg

胸のピスマークのロゴは
Lee®M.R、最終の101-Jと
同じデザインです。
20220610220056466.jpeg


左綾デニムが使用された1着です。
20220610220126e1b.jpeg

着用イメージです。
20220610220144795.jpeg
2022061022020275b.jpeg

1980s〜 Lee 220-0047
20220610220215106.jpeg
202206102202284bb.jpeg
20220610220317238.jpeg
20220610220330f86.jpeg
202206140943137c7.jpeg
(¥9,680)

80年代に入ると
タグはさらにシンプルなデザインとなり
sanforizedの表記はなくなり
UNION MADE IN USA から
MADE IN USAへと変化します。
202206102202395cb.jpeg
20220613124552a42.jpeg

ピスマークのロゴは
Lee®M.R
20220610220252a0e.jpeg

左綾デニムが使用された1着です。
20220610220344fa8.jpeg

着用イメージです。
20220610220610c89.jpeg
2022061022063637f.jpeg

1980s〜 Lee 220-2467
20220610220650ba4.jpeg
20220610220705b8b.jpeg
20220610220816abb.jpeg
2022061409432304f.jpeg
(¥9,680)

220がさらに新しくなると
ハンドウォーマーポケットが付きます。
2022061022080250c.jpeg

TAGは
sanforizedの表記無し、
MADE IN USAが表記されている
先程と同じデザインですが
20220610220749d7c.jpeg
20220613125322a02.jpeg

ピスマークのロゴは
Lee®MR
20220610220252a0e.jpeg


この頃から
右綾デニムが使用される様になります。
20220610220831469.jpeg

着用イメージです。
20220610220844dd2.jpeg
202206102209061d0.jpeg

1980s〜 Lee 220-0745
20220610220915470.jpeg
20220610220927148.jpeg
202206102210289ee.jpeg
(¥9,680)

80sに入ると
バックのアジャスターボタンに
フロントボタンと同じ
金属製のものが使用されるものも
出てきます。
20220611094240f5e.jpeg

こちらもハンドウォーマー付、
20220610221007639.jpeg

TAGは
sanforizedの表記無し、
MADE IN USAが表記されている
デザインです。
20220610220940bad.jpeg
202206131303008bb.jpeg

ピスマークのロゴは
Lee®M.R
20220610220953df6.jpeg

右綾デニムが使用された1着です。
20220610221041d9f.jpeg

着用イメージです。
20220610221048543.jpeg
2022061022105871e.jpeg

希少なLONG丈の1着です。

高騰し続ける
VINTAGE DENIM ITEMSですが
まだ人気の集中していないLee JACKETは
1万アンダーから選べる状態にあるので
興味のある方、
店頭で手に取って
袖を通してみてください。

本日は以上となります。

梅雨入り後
天候が安定しない日も
続きますが
皆様のご来店、
スタッフ一同
お待ちしています。


2022-06-01(Wed)

Swiss🇨🇭denim

こんにちは。

早稲田大学の駅伝部監督に
花田勝彦さんが就任された様ですね。
20220603200711c63.jpeg

花田さんは私より1つ下の世代、
花田さんの在籍していた
彦根東高校は進学校で
当時箱根駅伝の常連校だった
某大学の監督がスカウトした際
私は東大か京大にしか行きません、
と答えたと云う話を
当時聞いたことがありました。

しかし
ソウルオリンピックで
現役生活を引退した
当時国民的英雄だった瀬古利彦監督の
スカウトが効いたのか、
当時櫛部、武井、花田が揃って
早稲田に進学すると云うニュースが
陸上界を賑わしたのを
今でも覚えています。

3人揃ってのオリンピック出場は
無かったものの
オリンピック2大会出場した花田選手は
やはりさすがですね。

青学の原監督とは又
タイプの違う指導者、
上武大を叩き上げた手腕を
是非見せていただきたいと思います。

さて。

本日は
Swiss🇨🇭denimを
紹介します。
20220531181825c5b.jpeg
(¥6,380)

ユーロミリタリー ファンの方には
お馴染みのアイテムかと思いますが
一般的に未だ知らない方も
多い様なので
本日改めてご紹介する事に
決めました。

こちら50年代位から
存在するアイテムです。

初期の頃のモデルには
アルミのボタンが
使用されています。
20220603192442f31.jpeg

股上深め、
202206031924510aa.jpeg

太めのシルエットです。
20220603192501d86.jpeg

80年代の
後期のモデルには
プラスチックのボタンが使用されていて
20220531181836b46.jpeg
20220531181901620.jpeg
2022053118184685b.jpeg
20220531181853623.jpeg
20220531181909b2b.jpeg

幾分細めの作りです。

アメリカ🇺🇸vintageの
BLACKシャンブレー、
GREENシャンブレーを
彷彿させる様な
素材感、カラーの
アイテムです。

デニム素材なので
縦横の織糸が異なる為
経年変化を楽しめる
アイテムです。

スイス🇨🇭は中立国で
国家予算で軍事費が
余り取れないからからか
50年代くらいから
仕様は余り変わっておらず
pantsに至っては
リペアが施されたものを
良く見かけますね。
20220531182123042.jpeg
20220531182139b38.jpeg


当店では
良い感じでリペアの入った個体は
積極的に展開する様に
しています。

U.SのBaker pantsの様に
フロントポケットは
張り付け式ですが
ラウンド状にデザインされているところが
◎ですね。
20220602155654bb5.jpeg

着用イメージです。
20220531182239daa.jpeg
20220531182256709.jpeg
20220531183638c3d.jpeg
202205311836514e9.jpeg

U.S のBaker pantに比べて
ポケットの入り口は
広めの作り、
ポケットそのものの作りが
大きい為
ポケットに入れたアイテムの形が
出にくいのも特徴です。

JACKETも存在します。
202205311821576e3.jpeg
20220531182204fb6.jpeg
202205311822114c8.jpeg
(¥4,180)

セットアップでの着用も
良いですね。
20220531183706c0a.jpeg
202205311837197bd.jpeg

定着した感もある
ユーロミリタリーアイテムですが
この辺りはまだ価格も高騰しておらず
おすすめです。

ユーロミリタリーは
インポートフロアで展開、
20220603195448f88.jpeg

SWISS DENIM🇨🇭は非常に好評、
日々少なくなっている状況です。

気になった方、
店頭にてお待ちしています。

本日は以上となります。

連休後も
PRO CLUB、
LOS ANGELES APPARELを中心に
定番カットソーは好評、
PRO CLUBの白T-SHIRTに関しては
在庫ZEROとなった為
来週急遽アメリカより
貨物を出荷する事に
決めました。

そこそこの物量、
入荷は10日金曜日を
予定しています。

詳細が分かり次第
インスタグラムでお知らせします。

皆様のご来店、
スタッフ一同お待ちしています。


2022-05-23(Mon)

INSPIRED by、、、

こんにちは。

ゴールデンウィーク後、
コロナ感染増のニュースも
あまり流れなかったからか
街にコロナ禍以前の活気が
一段と戻って来ている感が
ありますね。

そんな中
井上 vs ドネアの
ボクシングの世界戦の日程が
迫って来ました。
20220527100016946.jpeg

前回の対戦から
上昇気流を描くドネア選手、
ドネア戦後の過去3試合も
危なげないKO勝利連戦を続ける
井上選手。

10年前
ドネアvs西岡戦を
見にいった際
20220527095958de5.jpeg
20220527100007bbe.jpeg

ドネアのスピード、
多彩なパンチには
目を見張るものが
ありました。

世界に彼を倒せる選手が
いるのかと云うくらいの
衝撃がありました。

10年後も
第一線で活躍している事に
敬意を評したいのと
日本人がその階級で
3本のベルトを持っている事の
素晴らしさを改めて実感しています。

私の予想に関しては
ここ最近ことごとく外れているので
今回は控えたいと思いますが
一般的には
井上選手有利の見解が多い中
ドネアの戦い方に
注目したいと思います。

さて。

本日は先日入荷しました
CMF outdoor garmentの
2022年春夏の新作の
スニーカーを紹介します。

前期も好評頂いた
CMFのスニーカーの
第2弾の作品です。

かつてvintage市場を賑わせた
(現在でも人気ですが)
NEW BALANCE 576 BROWN
20220526150458e32.jpeg

インスパイアを受け
デザインされた1足です。

先ずは
GRAVEL SNEAKERから
紹介します。
202205261325591e1.jpeg


展開色は
BLACK
202205261326344f0.jpeg
20220526132654fec.jpeg



BROWN
20220526132737b17.jpeg
20220526132752823.jpeg

の2色です。

CMFのスニーカーの
代表的ディテールとも云える
フリーロックシステム搭載、
202205261327012da.jpeg
20220526132759980.jpeg
20220526221006efd.jpeg
202205262210169ef.jpeg

今回アッパーには
ビーガンレザーでなく本革と
防刀素材とも呼ばれる高い強度を誇る
スペクトラファイバーのコンビが
使用されています。
2022052613264574b.jpeg
20220526132745464.jpeg

ソールには
70sのNIKEのvintageを彷彿させる
vibram製のものが
使用されています。
20220526132726be5.jpeg
2022052613282649e.jpeg


因みにこちらが
70sのNIKEのvintageのもの、
20220526132840939.jpeg
20220526132935439.jpeg

安定した走行、歩行を実現出来る
接地部の広いフレアソールのものを
20220526132859563.jpeg
参照していますが、

今回のCMFの新作も
接地部が広いつくり、
20220526132915967.jpeg
2022052613292565e.jpeg

タウンユース、
ちょっとした登山時や
長時間歩行に適した作りです。

因みに
当時高速走行用としては
接地部の狭いつくりのものが
主流でしたので
参考までに。
2022052613300398c.jpeg
20220526133013cce.jpeg
202205261330238a8.jpeg


ミッドソールには
クッション性に富んだ素材を使用、
20220526132708e53.jpeg
202205261328083f3.jpeg

抜群の履き心地を体験出来る
1足です。

続いて
GRAVEL SANDALの紹介です。
20220526132618774.jpeg

こちらも
NEW BALANCE576 BROWNから
インスパイアされた型、

BLACK
202205261330495d8.jpeg
2022052613310718b.jpeg


TAN
2022052613332187c.jpeg
20220526133341d7b.jpeg

が入荷しています。

vintage繋がりでいうと
80sのリディヤードを思い浮かんだ方も
もしかしたらいらっしゃるかも
知れません。
2022052615051536e.jpeg


こちらもアッパーは
スペクトラファイバーと本革の
コンビネーション、
2022052613305841a.jpeg
202205261333308f1.jpeg

フリーロックシステム搭載
20220526133139810.jpeg
202205261333509cf.jpeg

の1足です。

着脱しやすい
SLIP ON式、
20220526133159db1.jpeg
202205261332230f1.jpeg
20220526133411367.jpeg
20220526133418d3f.jpeg


GRAVEL SNEAKERと同じ素材の
ミッドソール、
2022052613314856d.jpeg
20220526133400105.jpeg

vibram製アウトソール
20220526133232a40.jpeg
20220526133428062.jpeg

が使用された
1足です。

見た目の良さは勿論
履きやすさを
実現させた
今期の新作、
気になった方
店頭にてお待ちしています。

自分は先ず
GRAVEL SNEAKERの
BROWNを購入。
20220526202313354.jpeg
(当面は紐無しで履く事に決めました)

2022052709590017d.jpeg
202205270959167b2.jpeg
20220527095926e14.jpeg


本革という事なので
革の部分に
早速オイルを塗ってみました。
20220526202321398.jpeg

ヌメ革の部分の経年変化が
楽しみですね。

こちらの
スニーカー、サンダルは
店内奥にて好評の
ショーツと共に展開しています。
20220526173320bc8.jpeg

オンラインストアの方でも
ご紹介していますので
そちらも並行して
ご覧になって下さい。

https://wasteville.thebase.in

本日は以上となります。

今期の春夏に関しては
CMF outdoorのBAGを除き
国内で手配したものは
ほぼ出そろった形となりました。

連休を挟んで
定番アイテムも
随分と減ったので
近日中にアメリカ便が入荷、
荷受後アメリカ出張となります。

詳細は随時
お知らせいたします。

皆様のご来店、
スタッフ一同
お待ちしています。
2022-05-19(Thu)

Not have been focused yet?

こんにちは。

本日は先日に続き
ユーロミリタリー アイテムを
紹介します。

人気も
定着してきた感もある
ユーロミリタリー 、
マルジェラブランドが
元ネタにしたアイテム等には特に
人気が集中する傾向がありますが
ユーロはその文化等
日本では余り馴染みの無い国も
数多く存在、
良いデザインながら
未だ未だ日本で知名度の低いアイテムも
多く存在します。

本日紹介するのはこちら、
Bulgarian sleeping shirtです。
202205191253016a2.jpeg

まるでファッション用に
デザインされた様な
ストライプ柄、
多数のパターンが
存在します。
2022051912531607a.jpeg
202205191258333ac.jpeg
202205191253520f1.jpeg
2022051913131836a.jpeg
202205191254133b2.jpeg
20220519131329a7d.jpeg
20220519125424a25.jpeg
2022051913133929a.jpeg


フロントボタンは無く
フランス🇫🇷の
china wor jacketを
彷彿させる様な雰囲気の
結紐仕様です。
20220519125434b51.jpeg
20220519125447f1c.jpeg
2022051912545899c.jpeg
202205191255095c5.jpeg

バックに
ストラップ付、無の
仕様のものが混在、
20220519182919997.jpeg
20220519182937490.jpeg
202205191829513a2.jpeg
20220519183004552.jpeg

個体差もあり 
年代もまちまちですが
EDGEの部分に
生地の耳が見えたり
20220519182810813.jpeg
2022051918283052b.jpeg
20220519182841586.jpeg
20220519182852dad.jpeg

歪みのあるpocketの作りをみると
202205191255263dd.jpeg
20220519125538991.jpeg
20220519125548f4c.jpeg
202205191256013fe.jpeg
202205191256469ac.jpeg
20220519125659f68.jpeg
20220519125711b47.jpeg
202205191257227ed.jpeg
20220519125734e7e.jpeg
202205191257523a6.jpeg
20220519125805a70.jpeg
20220519125817e78.jpeg

60s〜のアイテムでないかと
考えられます。

着用イメージです。
20220519183017921.jpeg
20220519183029f3a.jpeg
20220519183051a97.jpeg
20220519183102f2c.jpeg
20220519183115c07.jpeg
20220519183127f2d.jpeg
20220519183223bb8.jpeg
20220519183235af2.jpeg

未だ未だ朝夜 
肌寒い日もある今時期は勿論
3シーズン使える汎用性高い
アイテムです。

オンラインストアでも
紹介していますので
興味ある方そちらも是非
ご覧になって下さい。

https://wasteville.thebase.in

本日は以上となります。

アメリカ買付けのスケジュールを調整中、
渡米前にアメリカより一便入荷予定、
COMFYの新作も上がって来ているので
そちらもBLOGで紹介していきたいと思います。

皆様のご来店、
スタッフ一同
お待ちしています。




ウエスビル
アメリカ各地よりスタッフが厳選した、 雑貨、洋服をお楽しみ下さい。

ウエスロゴ727wastevuille
USED & IMPORTED
CLOTHING
“WASTEVILLE”
(ウエスビル)
柏市柏3-7-24 山口ビル2F
TEL/FAX 04-7162-5661
プロフィール

ウエスビル

Author:ウエスビル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2022/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR