*All archives* |  *Admin*

≪05  2018/06  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  07≫
2017-09-18(Mon)

渾身の一足。

こんにちは。

暑さも未だ残る中、
台風上陸、
秋刀魚不漁等
秋らしいニュースが聞こえてくる
今日この頃。

本日は
BROTHER BRIDGEに別注した

LOAFER
DSC_0028_convert_20170917110909.jpg

SERVICE SHOES
DSC_0007_convert_20170917111032.jpg

を紹介致します。

サンプル商談の際、
下町にある工房に
お邪魔させて頂きました。

DSC_0003_convert_20170913181228.jpg
DSC_0002_convert_20170913181408.jpg
DSC_0009_convert_20170913182115.jpg

製造過程にある
シューズのパーツ等が並ぶ姿は
圧巻です。

1部生産工程を見せて頂いたので
ご紹介致します。


こちらの機械は
靴のつま先部を熱する
機械です。
DSC_0012_convert_20170913182340.jpg

今回は特別に
熟練職人の方に
実演して頂きました。
DSC_0013_convert_20170913182528.jpg
DSC_0015_convert_20170913182711.jpg

形状を整えられる様に
200℃以上の熱を加え
革を柔らかくし、


こちらの
TOE LASTERで
形状を整えます。
DSC_0022_convert_20170913182918.jpg
DSC_0024_convert_20170913183047.jpg
DSC_0028_convert_20170913183219.jpg

その後、
手作業によって袋状に形を整えた後、
DSC_0030_convert_20170913183351.jpg
DSC_0031_convert_20170913183506.jpg

今度は
ヒール部に一気にネイルが打ち込まれます。
DSC_0020_convert_20170913183644.jpg
DSC_0032_convert_20170913183824.jpg
DSC_0038_convert_20170913184158.jpg

こちらは
中底を圧着し
形状を整える
機械です。
DSC_0040_convert_20170913192710.jpg

この様に中底を圧着し、
DSC_0042_convert_20170913192833.jpg
DSC_0043_convert_20170913193102.jpg

形状が整う迄
プレスをかけ続けます。

そして
こちらがアッパーとソールを縫合する
機械です。
DSC_0046_convert_20170913193244.jpg
DSC_0047_convert_20170913193404.jpg

オートメーション化の進む靴生産ですが
こちらの工房では
熟練職人さんによる
手作業行程が多く設けられています。

こうした行程を経て
別注の最終サンプルが
漸く上がって参りました。
DSC_0004_convert_20170913193530.jpg

先ずは
ローファーからの紹介です。

DSC_0028_convert_20170917110909.jpg

北米原産の牛革を
ガラスレザーに加工されたものを選んで
BLACK x GREY の2TONEにしてもらいました。

SADDLE SHOESでは目にするカラーコンビですが
LOAFERでは見た事がありません。
DSC_0015_convert_20170917210145.jpg
DSC_0021_convert_20170917210312.jpg

木型、縫製等、
どれをとっても綺麗に仕上がっていると思います。

ソールには
カジュアルでも使いやすい様に
ボリュームのあるものにしてもらいました。
DSC_0017_convert_20170917210712.jpg


ソール自体のボリュームもそうですが、
PARABOOTSのREIMSをIMAGEして
敢えて革底でなく
滑りにくいラバー素材のものをチョイスしました。
DSC_0019_convert_20170917211225.jpg

ローファーはこの2TONEの他に

クロムエクセルのブラックを展開致します。
DSC_0030_convert_20170917220001.jpg

こちらもREIMSを意識した訳ではありませんが
油脂分を多く含んでいるため
雨に強いと云うのも特徴です。

DSC_0011_convert_20170917220215.jpg



続いて
サービスシューズの紹介です。

DSC_0007_convert_20170917111032.jpg

ローファーに関しては
巷に無い色を是非展開してみたいという理由で
展開を決めましたが
サービスシューズに関しては、

オープン以来ずっと需要がある事、
ヴィンテージが枯渇してきている事、
インポートで納得いく仕上がりのものが
見つからない事、

を考慮し
展開する事に決めました。

ドレスにもカジュアルにも
使用して頂けますが、
サイドのステッチは
40年代のヴィンテージをモチーフに
入れてもらいました。
DSC_0005_convert_20170917221944.jpg

サービスシューズをモチーフにしていますが
レプリカではありませんので
ヒール部はヴィンテージ感溢れる
CATS POWのものを
チョイスしました。
DSC_0026_convert_20170917222252.jpg

ソールは革底ですが
ソールの減りを軽減する
ラバーとコルクの混紡のプロテクターを
張ってもらいました。
DSC_0027_convert_20170917232450.jpg

工場が浅草付近なので
プロテクターやヒール部のCATS POWが
摩耗してきた場合も
同じ素材で張替えも可能です。

着用時摩耗するヒール部には
強度のあるレザーを張ってもらいました。
DSC_0016_convert_20170917232753.jpg

こちらもローファー同様
クロムエクセルのブラックも
展開致します。
DSC_0002_convert_20170917233557.jpg
DSC_0005_convert_20170917233706.jpg

オリジナルを彷彿させる
ガラスレザーとは又違った
雰囲気を醸し出しています。

最後に
BROTHER BRIDGEの
特筆すべき魅力として
ヴィンテージ、
シューズのハイブランドを知り尽くした上で制作出来る
完成されたシルエット、
日本製ならではの
縫製の良さを挙げたいと思います。

過去にもパラブーツ等取扱いをしてきましたが
老舗ブランドに退けを取らないプロダクションに
仕上がっている事を
お伝えしておきたいと思います。

展開価格は

GLASS LEATHER 2TONE LOAFER
DSC_0028_convert_20170917110909.jpg
32,000+tax

CHROME EXCEL LOAFER
DSC_0030_convert_20170917220001.jpg
43,000+tax

GLASS LEATHER SERVICE SHOES
DSC_0007_convert_20170913175712.jpg
33,000+tax

CHROME EXCEL SERVICE SHOES
DSC_0002_convert_20170917233557.jpg
45,000+tax

です。

そのクオリティー、完成度を考えると
リーズナブルな設定になっていると
考えています。

納期は12月を予定しています。

店頭にてサンプルをご用意していますので
興味のある方は
是非手に取って
その完成度をを実感して頂ければと
思います。

それでは
皆様のご来店、
お待ちしています。



スポンサーサイト

comment form


管理者にだけメッセージを送る

comment

ウエスビル
アメリカ各地よりスタッフが厳選した、 雑貨、洋服をお楽しみ下さい。

ウエスロゴ727wastevuille
USED & IMPORTED
CLOTHING
“WASTEVILLE”
(ウエスビル)
柏市柏3-7-24 山口ビル2F
TEL/FAX 04-7162-5661
プロフィール

ウエスビル

Author:ウエスビル
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR